個人事業で働く! 個人事業で収入を得る際のFAQ

個人事業について記載しています。「会社を辞めて独立したい!」サラリーマンの多くがこう考えた事があるはずです。

あなたが会社を辞めてまで独立したい理由は何ですか?職場の人間関係に疲れたから、仕事に面白みが感じられない、今の仕事に向いていない気がする、など様々な理由があることと思います。

しかし、こんな後ろ向きな気持ちで独立しても、そこには更に厳しい現実が待っている事でしょう。資金繰りに従業員の管理監督、出納管理、税金対策と申告、宣伝広告などなど、こんな事ならサラリーマン辞めなきゃ良かった、そう後悔する事は目に見えています。

しかし、どうしても自力で困難に立ち向かってでもやり遂げたい事がある。そう思う人なら躊躇する必要はありません。独立してしまいましょう。独立開業にも方法がいくつかあります。一般的には独立開業するとなると会社を持つと言うイメージでしょう。

一昔前だと有限会社設立には最低でも300万円、株式会社だと1000万円の資金が必要でした。それが今では一人でも株式会社が持てる様になり、開業に必要な資金も印紙代や登録免許税なら大体20万円程度、司法書士に手続きを依頼すると更に10万円程度の追加で会社設立が可能です。

それでも、まだ開業資金を抑えたいなら法人化せずに個人事業として開業する手もあります。そうすると法人の様に面倒な手続きも必要ありません。気軽に誰でも開業する事は可能なのです。

しかし、開業後は人一倍努力をしなければ経営は成り立ちません。時に非情な決断に迫られる事もあるでしょう。個人事業主とはいえ、立派な経営者なのです。しかし、あなたに前向きな夢があるなら、その困難に立ち向かう価値があるかもしれません。

このサイトでは個人事業を起こしたいと思っている人の為に事業計画書の書き方から、資金調達方法、法人化する事のメリットとデメリットまでを出来るだけ分かり易く記載して行きたいと考えています。このサイトに書かれている内容が近い将来に個人事業主となるあなたの一助になれば幸いです。

個人事業でも法人事業でも人事制度は重要です!